ROHS指令の制限物質増加!どの物質が増えたのか知ろう

ニュース一覧

顕微鏡

かかる費用の相場とは

国際的に化学物質を規制する流れができており、ROHS指令はその先駆的な規制です。二回にわたって出されており、フタル酸エステル類は二回目に出されています。フタル酸エステル類の分析は処理が煩雑で複雑なためやや費用が高いことが多いです。

試験管

新たに追加される制限物質

2015年にROHS指令が改正され、新たにフタル酸系エステルの4物質が追加されることに伴い、関係会社は代替材の対応や、サイレントチェンジが起こらないよう分析チェックの対応に追われることとなりました。その為、各関係会社とも、速やかに安全に進めています。

科学

健康被害を未然に防ぐ対策

各企業では、改正ROHS指令で追加されたフタル酸エステル類の4物質の含有分析を行い、規制基準を満たした製品を提供することで、子供から大人まで幅広い年齢層において、人体に悪影響を及ぼさないようにすることが出来ます。

顕微鏡

とても簡単にできる

ROHS指令で新しく項目として追加されたのがフタル酸エステル類です。このフタル酸エステル類が入っていないかどうか分析をしたい場合は業者に依頼をする事が必須と言われています。業者に依頼をする方法は簡単ですので、すぐに分析可能です。

男性

結果を管理できる

ROHS指令で新しく追加されたのがフタル酸エステル類です。これらを分析する時に今注目されているのが、クラウド型の管理サービスです。パソコンやタブレットを使う事でいつでも注文できますし、結果を一括で管理できるのでとても便利です。

物質に関する分析

試験管

正確で綿密な分析

ROHS指令で規制されている物質に関する分析を行なっている専門会社では、さまざまな方法で指定物質に関する調査を行なっています。ROHS指令で以前から規制されていた物質は以前はカドミウムや六価クロムなどの6物質の分析のほかに、専門会社では2015年に交付された法令に基づき新たに規制されることになった各種のフタル酸に関する専門的な分析も始めています。規制されることになったROHS10物質になった、フタル酸ジブチルやフタル酸ブチルベンジルなどの分析を行なって、2019年から始められる規制に備えるための製造業者の対応をサポートするための事業を行なっています。ROHS10物質を始めとした各種の有害物質を分析している専門会社で行なわれている分析としては、ハロゲン分析などが代表的なものです。またフタル酸分析なども、多くの会社で行なわれています。住宅などを建設する際の材料の一部にフタル酸が含まれているものがありますが、こうしたものに含まれているフタル酸が法令で規定されている基準値以下であるかどうかを専門的に調査しています。専用の機械を使用して精密に調査を行なっているので、規制されているフタル酸が基準値以下であるかどうかを正確に測定してもらうことができます。またフタル酸は製品などにも含まれている場合がありますが、特に小さな子供が口にする可能性のある製品については厳しい規制がされているために、こうした製品に関するフタル酸の分析も行なっています。

シボヘール評判口コミ調査団

脂肪燃焼に欠かせない成分を数多く配合しているダイエットサプリ!シボヘールの効果なら口コミや評判が確認できるサイトで確認しましょう。

メディレギンスの口コミ/評判ガイド

下半身ダイエットの強い味方!履くことで脂肪燃焼量がアップすると人気なメディレギンスの口コミ評判・効果の高さはサイトで確認できますよ。

どろあわわ口コミ評判大公開

肌のくすみや毛穴汚れが改善できる厳顔フォームを探していませんか?それならサイトでどろあわわの口コミ・評判や効果の高さをチェックしよう。

Copyright© 2018 ROHS指令の制限物質増加!どの物質が増えたのか知ろう All Rights Reserved.