ROHS指令の制限物質増加!どの物質が増えたのか知ろう

ニュース一覧

とても簡単にできる

顕微鏡

試料を送る事で分析できる

ROHSとは、主に電子機器等における特定有害物質の使用を制限するための指令の事を言います。この特定有害物質ですが、以前は鉛や水銀、カドミウム等が6項目が対象でした。ですが、改正ROHS指令によりフタル酸エステル類も特定有害物質の対象に入る事になりました。このフタル酸エステル類はゴム等の添加剤として使用されている事が多いです。移行しやすく、さらに汚染しやすい物質として知られています。口に入れるととても危険です。ですので、アメリカや日本はもちろん、EUでも現在規制されています。フタル酸エステル類を始め、ROHS指令における特定有害物質が入っていない製品を作る事は多くの企業の課題となっています。安全な原材料を使用するために各企業独自のルールを決めている場所は多いです。フタル酸エステル類の分析やROHS指令で対象に入っている特定有害物質の分析をしたい場合は、分析に関する業者へ頼むようにしましょう。分析をしている企業は、ROHS指令について様々な事を理解しているプロです。業者が様々な最新の特定装置を使用し、フタル酸エステル類等がほんの少しでも入っていないかくまなく分析を行います。業者の選び方や選ぶ際の基準についてですが、フタル酸エステル類が対象に入っている場所を選ぶ事が重要です。ホームページを見るか問い合わせをしてきちんと確認をしましょう。また、分析の流れですが、注文をした後試料を送り、結果を待つだけですのでとても簡単です。

Copyright© 2018 ROHS指令の制限物質増加!どの物質が増えたのか知ろう All Rights Reserved.